こころのサインに気づける家庭環境

早めに治療しよう

うつ病の治療には、長い期間が必要です。症状が悪化してからでは、完治するのに長期間かかってしまうので、なるべく早いうちから治療を始めた方が良いです。そのためには、うつ病の症状を知っておくことが大切です。

» 詳しくはこちら

休養をとる

やる気が起こらない、不眠、めまい、などこのような症状が日常生活でよく起こるようになったら、うつ病の可能性があります。うつ病の症状が出たら、休養をとり、医療機関で受診することが大切です。

» 詳しくはこちら

理解しておくべき点

うつ病になってしまうと、ネガティブな考え方になってしまいます。病気についてしっかり理解して、医師の治療を受けることが必要です。また、うつ病の症状は時間によって異なるという特徴があります。

» 詳しくはこちら

病気の影響

自分ではコントロール出来ないうつ病の症状をなんとかしたいならコチラのメンタルクリニックで相談してみましょう。

これまでの歴史や変遷

うつ病は、昔からある病気で「躁」と「うつ」が交互に来る病として精神科の領域で扱われていましたが、作家や画家などのような精神的に過度の負荷がかかる芸術家に多く、今ほど誰でもかかり得る病ではなかったです。 現代は誰でもうつ病になります。 むろん、その症状も様々ですが、高齢化が進んで四肢や体が思うように動かなくなったり、金銭的なトラブルで価値観が変わって楽しくなくなったりすれば、簡単に老人性うつ病になります。 老人の一人暮らしで長期に病気で寝込んだのが引き金で、何もする気力がなくなったという症状も、生きる生きがいが欠落してしまったからです。 高齢化が進む中、老人性うつ病もまた今後、増え続けてゆくと思われます。

ストレス社会における今後の動向

ストレス社会において、若い世代や中年のうつ病は今後も増えてゆくでしょう。 うつ病の発生ともいえる症状は、ほんの些細なところからスタートします。 会社でのパワハラが原因だったり、仕事がうまくこなせないことから来る自己嫌悪であったり、というのは、それまでの生育過程で叱られ慣れていなかったり、忍耐力や打ち勝つ力がついていないことからストレスに弱い人間に育っていることも考えられます。そんな引き金から、自信喪失になり社会に適応できないことから、簡単に自分はつまらない人間で役立たずで生きていうのが嫌だと思うと、朝起きられなくなり、部屋から出られなくなり、会社に行けなくなり、といった症状が体に出てしまうのです。

日常生活にも影響がある

うつ状態が常に続くようならばうつ病を疑った方がよいかもしれません。誰だって辛いことが合ったり悲しいことがあればうつ状態になります。しかし、一過性のものが多くずっとうつ状態という症状は危険のサインだと受け取ったほうが良いでしょう。症状は人によって違いますから一概に言えませんが、うつ病の場合はうつ状態になるほかにもやる気が起きなかったり睡眠をとることが出来なかったり自分の存在意義が分からなくなったりマイナスな感情が渦巻いてきます。そうなると正常な判断をもすることが出来なくなり最悪な結果をもたらしてしまうこともあるでしょう。 うつ病と自分で疑うようになったらまずは専門の先生に一度見てもらった方が得策かもしれません。

身体にも影響が出るうつ病

こころの風邪と呼ばれているうつ病ですが、実際には精神面だけではなく身体にも影響を及ぼしてしまう場合があります。どういった症状が現れるかと言いますと、睡眠障害や摂食障害などが起きることによって体重の増減が激しくなりホルモンバランスをも乱れ始めます。ホルモンバランスが乱れることによって女性の場合は月経が止まったり無排卵になってしまったり悪影響を及ぼしてしまうのです。 頭痛や全身のだるさ、そして関節痛などを引き起こす場合がありますので日常生活にも悪影響を及ぼすと言っても良いでしょう。 治療をすることでその症状を抑えることが可能です。一般的に用いられているのは抗うつ剤ですが、薬を飲むと症状を和らげることが出来ます。

うつ病治療に掛かる費用の負担を軽くする

現在は、ストレスを受けやすい世の中です。そのため、ストレスが掛かり続けるとうつ病になってしまいます。うつ病になると、気持ちが落ち込んだりイライラしたりと様々な症状が表れます。このような症状を治療するには、精神科や心療内科のある病院を受診する必要があります。 うつ病になると、休職したほうが良い場合が多々あります。しかし、そうなると治療に掛かる費用が大きな負担となります。そうなった場合には、自立支援医療制度を利用することがポイントです。病院での治療費は、健康保険適用で3割負担となります。しかし、自立支援医療制度を申請すれば、病院での治療費の負担は1割になります。うつ病治療に掛かる費用の負担を軽くするには、この制度を利用することがポイントです。

種類

うつ病は大別して、身体因性と心因性があります。身体性の場合は、脳や体の病気によって原因になるものです。心因性は、性格や周囲の環境が原因になるものです。まずは、自分がどのような原因でうつ病になったのか知りましょう。

» 詳しくはこちら

症状の現れ方

業務を効率よく行えなくなる原因にはうつの症状が挙げられると言われています。この症状には、肉体症状と精神的な症状があり、日常生活を送れなくなる場合もあるため早めに診察してもらうことが大切です。

» 詳しくはこちら

Page Top